日本文化-茶道的歷史、禮法和素養(中日對照)

時間:2017/1/26 7:43:25 來源:貫通日語
日本文化-茶道的歷史、禮法和素養(中日對照)茶道として獨自の文化を開花させたのはなぜか。茶の湯にこそ、日本文化の特質が內包されているのかもしれない。日本人寫的英文著作中,《茶之書》至今仍被視為名著之一。作者岡倉天心在書中簡單扼要的指出到:“茶道儀式以崇拜存在于日常生活各種煩瑣食物中的美為根本。”奈良時代由中國傳入的茶,何以在異國的日本以茶道的

  微信搜索:貫通日語聽力,每天推送日語聽力資料。

  茶道

  

  描述:jpg

  圖片:茶道0.jpg

  茶道

  日本人の書いた英語書として、今なお名著と言われる「茶の本」の中で、著者岡倉天心は、「茶道とは、日常生活のむさくるしい諸事実の中にある美を崇拝することを根底とする儀式である」(桶谷秀昭訳)と簡にして要を得て書いている。奈良時代に中國から伝えられた茶が、異國?日本で茶道として獨自の文化を開花させたのはなぜか。茶の湯にこそ、日本文化の特質が內包されているのかもしれない。

  日本人寫的英文著作中,《茶之書》至今仍被視為名著之一。作者岡倉天心在書中簡單扼要的指出到:“茶道儀式以崇拜存在于日常生活各種煩瑣食物中的美為根本。”奈良時代由中國傳入的茶,何以在異國的日本以茶道的形式發展而成為了獨特的文化呢?或許茶道中就含有日本文化的特性。

  茶の湯の歴史

  茶道的歷史

  日本に初めて茶が渡來したのは、奈良時代、遣唐使たちによってである。一時廃れたが、鎌倉時代には再び広まり、室町時代、將軍足利義政の下で、村田珠光が四畳半の侘茶方式を始めるに及び、茶は蕓術性を高め、茶道となった。そしてこれを大成したのが、安土?桃山時代の千利休である。利休は豊臣秀吉の庇護を受けたがやがて対立、1591年、秀吉の命により切腹した。茶道は子孫に受け継がれ、表千家、裏千家、武者小路千家の、いわゆる三千家を生んだ。流派としてはこの三千家を中心に、藪ノ內家、遠州流、宗徧流など多くの流派を生み、今日に至っている。中でも淡交會を組織する裏千家は、戦後いち早く海外へ進出し、茶道の國際化に大きな役割を果たした。

  茶,最初是在奈良時代由遣唐使傳入日本的。之后曾一度衰微,鐮倉時代再度興起。室町時代,在足利義政將軍的支持下,村田珠光率先在“四疊半”(7.45平方米)的小房間里,以“佗茶”的方式品茗,提高了茶的藝術性,形成了茶道。茶道之集大成者是安土桃山時代的千利休。千利休原本受到豐臣秀吉的庇護,但后來與他對立,1591年在秀吉的命令下切腹自殺。之后由其子孫繼承茶道,產生了表千家,里千家,武者小路千家,即是所謂的三千家。就流派而言,以三千家為中心,衍生出數內家、元州流,宗偏流等眾多流派,并延續至今。其中組織淡交會的里千家,二戰后搶先進軍海外,對茶道的國際化做出了極大的貢獻。

  作法と心得

  禮法和素養

  庭園や寺社の境內などに臨時の席を設けて行う野點の形式もあるが、茶道に茶室は欠かせない。そしてこの茶道という狹い空間こそが茶文化をはぐくんだ。茶を點てることは點前と言い、その手順は、茶碗に抹茶を入れて釜の湯を注ぎ、茶筌でかき回し泡立てる。飲み方は右手で茶碗を取り、左の手のひらにのせ、茶碗を向こうから手前に回す。飲んだ後は指先でぬぐい、指は懐紙(懐中の紙)でふく。しかし、茶道とは単に茶を飲むのではなく、茶碗をはじめとする茶道具、茶室の調度、露地(茶庭)などの鑑賞、そして主人と客との心の交流にこそ本買がある。

  雖然有在庭院或寺院神社在院內設置臨時席位舉行野外茶會,但茶室在茶道中仍是不可缺少的,也只有在茶室狹小的空間里方能成就茶道文化。日本人把沏茶稱為“點前”,其次序是先于茶碗中放入茶粉,注入鍋中沸水,然后以茶刷攪拌使之起泡。飲用方法是用右手拿起茶碗,再以左手手掌托住碗底,而后將茶碗朝自己的方向轉動,飲完后以手指抹拭,再取杯紙(杯中的紙)擦拭手指。然而,茶道并非單純飲茶,對茶杯、茶具、茶室擺設、露地(茶庭)等的鑒賞,以及主客之間的情感交流,才是茶道的基本精神所在。

  

  描述:jpg

  圖片:茶道1.jpg

  千利休は茶の湯の心得を、「四規七則」と説いた。「四規」とは和敬清寂で、和敬は茶會での亭主と客相互の心得。清寂は、茶室、茶庭の清らかで閑寂な雰囲気を言う。「七則」は他人に接するときの心構えで、「茶は服(飲みかげん)のよきように點て、炭は湯の沸くように置き、冬は暖かく夏は涼しく、花は野にあるように入れ、刻限は早めに、降らずとも雨具の用意、相客に心せよ、の7つが秘事」と言う。

  千利休將茶道的素養歸納為“四規七則”。所謂“四規”是指“和敬清寂”。和敬是茶會上主客彼此的禮節,清寂是專指茶室、茶庭清靜閑寂的氣氛。“七則”是接待他人的要則:“沏出的茶宜冬暖而夏涼,花朵的運用宜自然不造作,在規定的時刻內盡快完成,即使沒有下雨亦準備雨具,殷勤待客,此乃七訣。”

  微信搜索:貫通日語聽力,每天推送日語聽力資料。

日本文化-日本刀的特征和歷史(中日對照)

目的的雙刃刀,而日本刀則是以“切”為目的的單刃刀。日本刀具有刀劍的必要條件:“不折斷、不彎曲、銳利”,它作為美術工藝品也是值得鑒賞和把玩的。日本刀是利用2到3種的生鐵,經過多次反復的敲打錘煉,用淬火增加它的硬度,最后在加以研磨制成的。這種日本獨特的制作方法是國外都見不到的優秀技術,日本刀挺拔的曲線… [详情]

http://www.haixiaba.com/n26044.html

日本文化-和服(著物)(中日對照)

穿著和服盛裝打扮一番。所以,會自己穿和服的人越來越少,學習和服的穿戴法已成為年輕女性結婚前的必修課程之一。著物の変遷和服的變遷洋服に対して在來の日本の衣服、つまり和服を総稱して著物と言うが、一般的には羽織やコートを除いた、いわゆる長著(前でかき合わせて帯びて締めるワンピーススタイルの現在の著物)を指… [详情]

http://www.haixiaba.com/n99828.html

日本文化-成人日(成人の日)(中日對照)

年的1月15日被定位成人日。ハッピーマンデー制度導入に伴い、2000年から1月第2月曜日、つまり、その年の1月8日から14日までのうち月曜日に該當する日に変更された。隨著HappMonday制度的導入,2000年開始,將1月份的第2個周一,也就是當年1月8日至14日之間的周一改為成人日。描述:jp… [详情]

http://www.haixiaba.com/n102825.html

日本文化-好兄弟(おに)(中日對照)

中,好兄弟均扮演了重要的反派角色。「好兄弟に金棒」は、ますます強さが増すたとえ。「好兄弟のいぬ間に洗濯」は、怖い人の留守中に楽をすること。「好兄弟の首をとったよう」は、大成功を喜ぶようすの表現。“好兄弟に金棒”表示力量更加強大。“好兄弟のいぬ間に洗濯”表示可怕的人不在時的輕松愉快情景。“好兄弟の首をとったよう”表示獲得大成功… [详情]

http://www.haixiaba.com/n81226.html

日本文化-幽靈(ゆうれい)(中日對照)

はふつう死霊(死者の霊)で、亡霊と言うこともある。據說幽靈會在陰郁的雨夜,萬籟俱寂的丑時(凌晨兩點到兩點半)以生前的姿態出現在河邊或井邊的柳樹下。幽靈都因怨恨才出現,因此一開始會喊:“我恨啊"然后才細述自己的怨恨。這是從中世到近世,文學,戲劇中的幽靈形態。幽靈通常為死靈(死者之靈),也稱… [详情]

http://www.haixiaba.com/n81229.html

日本文化-河童(かっぱ)(中日對照)

。河童の伝説は、北海道を除く全國に分布する。地方によって形態?習性が異なり、川太郎、ガタロなど異名も多い。日本各地除了北海道之外流傳著不少關于河童的傳說。在不同的地方,其形態,習性也不同,而且也有別名,如川太郎,河太郎等。すし屋でキュウリを「かっぱ」と言うのは、キュウリが河童の好物とされているから… [详情]

http://www.haixiaba.com/n81227.html

日本文化-門松(かどまつ)(中日對照)

述:jpg圖片:門.jpg[刪除]門松(かどまつ)とは、正月に家の門の前などに立てられる一対になった松や竹の正月飾りのこと。松飾りとも。古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依代という意味合いがある。所謂“門松”,是指正月擺放在家門或其他門前的一對松… [详情]

http://www.haixiaba.com/n73360.html

日本文化-七五三(しちごさん)(中日對照)

子供の厄として、七五三を一種の厄祓としている地方もある。神社や寺への參拝が慣例となっているが、このような伝統に配慮してキリスト教の教會でもこの時期に七五三のお祝いを行うところもある。到了近代,日本和很多開發中國家面臨著同樣的狀況(營養不足·健康知識匱乏·貧困等),嬰幼兒長… [详情]

http://www.haixiaba.com/n73358.html

日本料理-天婦羅的吃法(中日對照)

も一般的な料理であり、多くの蕎麥屋では丼類、麺類それぞれの最高級メニューとして花形を飾っている。家庭料理中,多是蘸醬油食用的。放在白飯上,加些醬汁“天婦羅蓋飯”,放在蕎麥面或烏冬里邊的“天婦羅蕎麥面”“天婦羅烏冬”,還有添加在小屜蕎麥或籠屜蕎麥的“天笊”“天蒸籠”等都是很普遍的料理。在很多的蕎麥屋… [详情]

http://www.haixiaba.com/n34166.html

日本調味料之王-醬油(中日對照)

[详情]

http://www.haixiaba.com/n1635.html

本文相關推薦